50代のダイエットは無理なく始められる範囲で行ないましょう

乳酸菌とオリゴ糖

メディシン

便秘でお腹が張ってしまうという人は少なくありません。便秘になるとお腹の中に溜まった老廃物が腸や子宮を圧迫して、痛みを感じることもあるのです。そんな便秘を解消してくれるアイテムとして昔から人気が高いのが市販でも売られている便秘薬でしょう。便秘薬にはいろいろな種類があるので、どれを選ぼうか迷うという人もいます。人気の高い便秘薬というものはどれも即効性に優れており、大きなコストがかかりません。また、副作用が少ないという特徴もあるのです。安心して飲むためにもこれら3つのポイントを押さえている物を選ぶようにしましょう。溜まった便をスッキリ排泄させてくれる人気の便秘薬に使われている成分というのがオリゴ糖です。このオリゴ糖というのがなぜ効くのかというと腸内の善玉菌の餌となってくれるからです。人間の腸内には善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌というものが存在しています。日和見菌は腸内の環境を大きく左右するもので、環境によって善玉菌と悪玉菌どちらかの味方をするのです。ですから、腸内環境をよくするためにはオリゴ糖を使って善玉菌を増やし、日和見菌を善玉菌の味方につける必要があります。オリゴ糖によって腸内環境が整えば老廃物をスムーズに排泄することができ、便秘を解消できるのです。こういった理由から便秘薬の成分としてオリゴ糖が用いられているのです。また、オリゴ糖以外にも人気な成分があり、それが乳酸菌なのです。乳酸菌は腸内にもいる善玉菌ですので、これを摂取すれば善玉菌が増えるというわけです。